Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://novianovio.blog56.fc2.com/tb.php/2-5868c713
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

今の建設業界について

ついこないだ、実家でみんなで酒を飲んでいた時、ある建設会社のCMを見ました。
建設業界のCMって「○○ホーム」的なものしか見たことがなかったので、思わず見入ってしまいましたよ。
内容は「ウチはこんなにたくさん質のいい職人さんを抱えているんですよ~」という会社紹介CM。
社名はなんと忘れました。
鹿島とか大成みたいなスーパーゼネコンではなかったことは確か。
黒い背景にやたら文字やら数字が出てくる感じのCMです。
誰か知っていたら教えてください。

なぜこんなCMが流れるのか。
それは、今建設業界で起こっていることが大変に影響しているんですよね、きっと。

脱・談合の影響で、いろんな問題に直面している建設業界。
以前は安く抑えていた受注額が価格競争で上がることで、今はコストと時間を抑えざるを得ない状況なんだそうです。
で、その余波を一番受けているのが、現場。
コストを抑えるがゆえに、なかなか上がらない職人の給料。
ただえさえ3K(キツイ・汚い・危険)な仕事な上にそんな状況だから、
新しく職人を目指す若手がなかなかいない。
それによって発生する人手不足。
それを補うために建設会社は、派遣会社(業務請負という形だけど怪しい)に頼り始める。
本来は職人がやるような仕事を、現場未経験の派遣スタッフがやる。
すると、この前のスパイラルタワーのような事故が起きるんですよ。
こんな悪循環が起きているのが今の建設業界。
この前の偽装建設もあって、ますますイメージが悪い建設業界。
将来を見据えて、建設事業だけでなく、農業や介護などの他事業にも進出する会社もあるそうです。

他にも生き残りをかけていろんなことにチャレンジしているゼネコンがあったけど、
一番印象的だったのが、この前日経ビジネスで取り上げられていた「平成建設」という建設会社。
こんな建設業界の状況にも関わらず、職人を自社で抱えて多能工育成に力を入れているそうです。
この前CMで見たゼネコンが、自社で職人を抱えているかどうかは知りませんが、建設会社に普通、職人はいないの知っています?
基礎なら基礎会社、足場なら足場会社といった感じで、外注するのが一般的ですよね。
なぜなら建設工事がない時期に、建設会社はそれぞれの職人に給料は払えませんからね。
でも、平成建設の場合、何故自社で職人を抱えることが可能なのか。
それは、基礎だけじゃなくて足場も、足場だけじゃなくて型枠もやれる多能工職人を育てることで、常に働いている状態を作りだしているからなんですね。
でも、この会社の強みは「多能工を育てること」ではありません。
むしろ「自社内で職人を抱えていること」なんです。
社内で情報が共有できるから、建設中の家を見学に来たお客さんが職人にあれこれ尋ねてきても即座に応答できたり、
社内で全ての工程をまかなっているから、技術的なノウハウを蓄積しやすく、多能工職人が育ちやすい環境なんだそうです。
そんな環境を魅力に感じた東大・京大の建設設計科の卒業者が去年新卒で入社しているそうですよ。
逆風の時代に、品質とか顧客満足とかを追求してる会社ってかっこいいと思いました。

厳しい状況ではあるものの、他業界では当然の競争社会。
本当にいい会社だけが生き残っていく社会になっていけばいいですね。
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://novianovio.blog56.fc2.com/tb.php/2-5868c713
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。