Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://novianovio.blog56.fc2.com/tb.php/17-f3041204
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

血の通った機械

今、小関智弘という元旋盤工の本を読んでいます。
タイトルは「鉄を削る町工場の技術」。そのまんま(笑)。

旋盤工というのは、旋盤という機器を使って金属を加工する人たちのこと。
いわゆる町工場の職人さんです。

今はほとんどが機械化されたNC旋盤を使っていて、
取材をすれば、皆口を揃えて「ボタン押すだけでできちゃうから簡単だよ」と言う。
でも、その言葉を鵜呑みにしてはいけないんだなぁと、この本を読んで分かりました。

旋盤工の言う「簡単」は旋盤に比べれば簡単ということで、
シロウトからしたらNC旋盤は決して簡単に覚えられるものではないんです。

プログラムさえ入力できれば、あとは機械が自動的に鉄を加工してくれる。
というのは大きな誤解。

いくら旋盤が機械化されているとはいえ、
鉄を削る刃物を選ぶのは、人だから。
磨耗した刃物をタイミング良く交換するのも、人。
削った後、鉄が冷えて縮むことを想定するのも、人。

特に、鉄を削る刃物を選ぶのには長年の経験がいるみたい。
そもそも、この人たちが削っているのはただの鉄ではないんです。
正確には、コバルト、ニッケル、クロムなどなど、いろんなものが混ざっている鉄。
だから、鉄というよりは「加工物」と言った方が、旋盤工の人はうなずく。
余談だけど、純鉄と呼ばれるものでさえも、0.01%の不純物が混ざっているらしいですよ。

化合物の配合率で、硬度や性質が変わったりするから、それに合った刃物(これまたすごく種類があるらしい)を選ぶのには熟練が必要なのだとか。
削れる音、削り屑の具合などをみながら、刃物を変えてベストな加工条件を作り出す、という部分は人がやらなくてはいけなんです。
つまるところ、加工する人に経験とセンスがなければ、ちゃんとした加工物もできないということですね。

いつか、その部分も機械化されると思うし、もうすでに機械化されているかもしれない。
でも、人間の血が通わなければ、機械はただの機械であるべきだと思います。
機械・システムばかりが進化してしまうと、人は育ちませんから。
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://novianovio.blog56.fc2.com/tb.php/17-f3041204
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。