Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シーシャは日本で流行るのか?

シーシャって知ってます?
ミント、アップル、オレンジなどのフレーバーが染み込んだタバコの葉っぱを、炭でいぶして、その煙吸う、いわゆる水タバコです。

先週の日曜日、そのシーシャを吸いに行きました。
名古屋港のJETTYの二階にアラブ雑貨店があって、そこで、ローズフレーバーのシーシャを初体験(男が「初体験」とか言うと気持ち悪い)。
すごいおいしかったですよ。

一般的なタバコと違って、たくさん吸っても煙がノドにキツくないので、普段タバコを吸わない人でも全然大丈夫。
味も、甘いのとか爽やかなのとかいろいろあって、バリエーションを楽しめます。
通な人は、いろんなフレーバーを混ぜて、オリジナルのフレーバーを作るみたいです。
分量で、味が変わったりするので、カクテルと同じ要領なんだとか。
底に溜まっている水にリキュールやスピリッツを混ぜれば、またそれで味が変わるらしいです。
なかなか奥が深そうですね。

まだまだ日本では馴染みないシーシャですが、東京の方では、シーシャが吸えるカフェが少しずつ増えているみたいで、その人気もじわじわと高まってきているみたいです。

新しいモノ好きな日本人だから、今後、ドーンか、ゆるーくかは分からないけど、ブレイクするんじゃないかと思います。
地元情報誌(ケリー、東海ウォーカー)や地元情報番組(PS、ぴーかん)は、まず間違いなく飛びつくんじゃないかと。
毎年同じ特集で、ネタ切れ感があるもんね…。

で、名古屋でその火付け役になろうとしている友人がいるのですが、彼は、今年の9月、大須にシーシャが吸えるカフェを出店するそうです。

実はシーシャを吸いに行ったのも、そのお店のロゴデザインの打合せに参加するため。
まぁ、僕は煙に酔ってぼけーっとしていただけでしたが(笑)。
どうすれば大きな商売になるかー?なんて考えながら。

で、僕なりにターゲットとコンセプトをまとめてみることにしました。

まずはターゲット。
業態がカフェなのでターゲットは女性。
女性はコミュニティー内での情報の伝達が早いし、女性を呼び込めば、デートで男性を呼び込んでくれるから。
シーシャの煙の感じからして、ヘビースモーカーにとってはモノ足りないので、ニコチンが軽いタバコを吸っている25~35歳の未婚女性がターゲット(しかもこのターゲット層の喫煙者数は、年々上昇している)。

次にコンセプト。
そんな女性に訴求すべきコンセプトは「気軽さ」。
持ち運びが不便な水タバコなので、店に吸いに来るのが一般的。
そこで、店内の雰囲気作りが重要だと思います。
つまり「入りやすさ」ですね。
内装で中東っぽさを出しすぎると、外人や男性の溜まり場になって、女性は入りにくさを感じるはず。
だからコンセプトは、オープンテラス風カフェのような気軽さ。
シーシャ自体のデザインももっと、モダンなものに変えた方がいいですよね、きっと。

新しいものを受け入れるという行為には、少なからずパワーがかかります。
だからこそ、受け入れやすくする工夫さえすれば、ブレイクするはず。

僕の友人が9月に出店する店の名前は「KEMURI」です。
場所は大須観音の裏だそうです。
出来たら是非とも行ってみて下さーい。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。